バスでの快眠に一工夫

バス内での快眠アイテム

バスでぐっすり眠る秘訣

バスは、なくてはならない足です。長距離で利用される方も多いことでしょう。しかし、時間が長ければ長いほど、大切なのはどれだけぐっすり眠れるかです。おかしな寝方をしてしまえば、思わぬところを痛めてしまいかねません。それでは、今後のスケジュールにも支障を来たしてしまうでしょう。快眠のコツは、腰の下になにかを敷いておくことです。折りたたんだ座布団や、毛布など、柔らかいものがいいでしょう。眠っている間も、ずっと体重を支えている場所だからこそ、ケアを欠かさないようにしたいものです。快適なバスの旅を心掛けていきましょう。

夜行バスでも工夫次第で快眠

夜行バスはシートに座った状態で長時間じっとしている必要があり、窮屈な車内で快眠するというのは難しいものがあります。それでも寝方を工夫することで、少しでも快適に過ごすことができるようになります。まず、夜行バスでの長時間の移動がわかってるときは、楽な服装を選ぶことが大切です。温度調節しやすいように脱ぎ着しやすい服を選びましょう。そして、外からの光を遮るアイマスク、エンジンの騒音や話し声を遮る耳栓、乾燥や風邪を防ぐマスクは必須アイテムです。耳栓の代わりに、イヤホンで静かな音楽を聴くという方法もあります。これだけでも快適度に大きな差がでますが、荷物に余裕のある方は首枕とシートに敷くマットやクッションがあると、より快適に過ごすことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 2列シートバス内での寝方 All rights reserved