バスで心地よく寝る

バス内での寝方のコツとは

バス内で少しでも快適に寝る方法

長距離やツアーバスなどでの旅は、ワクワク感と自分は運転しない事から人気になっていますが、同じ姿勢で座り続ける事から結構体が痛くなる時もあります。特に夜間の場合は寝方のコツをつかんでおけばより快適な旅行になるので、自分なりに見つけておく事も大切です。寝方のコツで殆どの方に使えるグッズは耳栓で、エンジンの音や話し声が小さくなるので快適になります。もう1つはアイマスクで、バスの車内照明が点灯していても眩しい思いをしなくて済みます。あとエアー枕も快適に過ごす為には欠かせないグッズで、必要な時だけ膨らませれば場所も取らないので安心して持って行けます。

寝方のコツについてのまとめ

バスの寝方のコツとして、首が痛くならない方法であったり、筋肉痛になりにくいコツがたくさんあります。窓側通路側で言うと、窓側の方が楽に寝ることができます。体重を壁に押し付け、座椅子の背もたれを倒すようにすると楽に寝ることができます。あとはバスの振動でゆっくり深く眠ることができます。アイマスクなどがあるともっと快適に眠ることができますがない場合は、カーテンを閉めて楽な姿勢で眠ることが大切です。背もたれを上手に使い、カーテンを仕切ることで筋肉痛になることもなく、終点まで心地よい眠りを促すことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 2列シートバス内での寝方 All rights reserved